2008年12月17日

平家の落人、椎葉村

青島太平洋マラソンを完走したのはいいものの、

日常の生活に支障が出るほどの筋肉痛に襲われています。


「下半身が筋肉痛だよ、、、」って女友達にメールしたら、

「変態!」

って言われたたじぃです。

「マラソン」という文字が抜けただけで意味がごろっと変わってしまうんですね。

コミュニケーションの難しさを改めて感じた僕の今日の更新。



もう一度宮崎をトップ10に!!
投票よろしくお願いします!!







さて、全身筋肉痛の中、宮崎県の秘境、椎葉村に行ってきました。

平家の落人伝説が残るこの村は、宮崎市から車で3時間半もかかる陸の孤島。

宮崎市自体が陸の孤島といわれているのに、

その宮崎市に陸の孤島と言われている椎葉はもう、「秘境」なのです。







宮崎から椎葉に入る道は、

車が一台通れるかどうかと言う細い道。

そんな途中途中にいくつか面白いものを発見しました。

右の写真は、「川の駅」の様子。

橋の形がおしゃれでした。










飯干峠(いいぼし峠)というこの峠のてっぺんからの絶景。

全くの無音のなかに、風が通っていく。

そんな不思議な空間でした。









那須与一の弟が平家を追って椎葉に来たとき、

ココの娘と恋におち、この館で一緒に住んだそうです。

そんな伝説があちこちに残る「秘境」椎葉。




















町の人の表札には「那須」さんがやたらと多かったです。

中には第32代、那須与一の子孫もいらっしゃるという事で、

とても、面白い村でした。








ただ、最大の問題点だったのは、



全身筋肉痛で歩くことすら間々ならず、

ほとんど車の中からの観光でした(笑)

もったいないことしちゃったな・・・。  

Posted by たじぃ at 14:00Comments(1)