2010年07月24日

上海万博 ~3年間で変わったこと~

こんにちは、たじぃです。

上海雑記の続き。


3年前に離れた上海ですが、この3年間ですさまじい成長してます。


この3年間で地下鉄は5本から一気に13本に増加。
さらに既存の地下鉄も2倍くらいに延長されていました。
今年、総延長で東京を抜いた上海地下鉄ですが、
来年中にロンドンを抜いて世界一になることが決まってるらしいです。


新しいビルがどんどん建っていく上海ですが、
その中でも金融の中心地、陆家嘴(lujiazui)の発展がすさまじい。

たった3年で発展しすぎてどこがどこが分からない。
バスターミナルが整備され、地下街が広がり、デパートが乱立している。
3年前のおぼろげな記憶の上から、近代化された上海の高層ビルの光景が上書きされていく。

世界第3位の高さを誇る上海国际金融中心(通称:上海ヒルズ)のある場所は20年前まで、
牛と豚がいる農場で、人々の移動手段は馬だったという事実が信じられない。

ハード面の発展は目を見張るものがある。
たった3年で、面影が無いまでに変わってしまう街なんて、
世界どこを探しても上海だけだと思う。


その一方で、ソフト面はなかなか変わらないのかもしれない。
万博会場内にはいたるところにごみ箱が設置されているのにも係らず、
ごみが散乱しているし、タンも鼻水もどこでも吐く。

相変わらず割り込みは横行しており、
(柵を乗り越えて割り込んでくる、苦笑)
不要插队(割り込むな!)と怒っても、彼らにしたらどこ吹く風。
警備員と良く小競り合いをやってる光景も慣れてしまう。

でも、そんなマナー知らずの人たちの多くは地方から来た旅行客か
おじちゃん、おばちゃんが大半。
若者はちゃんと並ぶし、ごみもちゃんと捨てる。
バス、地下鉄ではおばあちゃんが来ると席も譲ってます。

「変化に対応する能力」はいつの時代もどこの場所でも、
若者の方が高いんだろうぁ、と思います。

さらに嬉しいことに女の子の可愛いさも格段にアップしてました(苦笑)


今は世界から色々言われている上海ですが、
きっと近い将来、マナーを守って生活できる国際都市になるんだろうなぁ。
上海は昔から貿易の中継地点として、外部の文化を受け入れる許容を持っている街。
200年以上も鎖国をしてきた東京とは違う歴史を持つのです。

そんな、上海に期待しつつ、これからの上海の成長を観察していきたいと思います。










  

Posted by たじぃ at 08:00Comments(0)