2011年02月02日

一般化する思考スキーム

昨日は仕事納め。中国では基本旧正月で動いているのでこれから年末年始のお休みです。上海から福岡の飛行機の中でこのブログを書いてますが、飛行時間がたったの1時間20分なので、もはやほとんど国を移動している感覚が無い。昔、遣唐使とか鑑真とかは命をかけて渡った海を、たったの1時間ちょっとでブログ書いている間についちゃうんだから、地球も狭くなったなぁ。



上海に来る前に中国人は職を転々とする、と聞いて上海に来たわけですが、実際のところうちの会社の同僚のみなさんは長く勤めていらっしゃる。この前なんて、同僚に、「たじぃは前の会社でどのくらい働いてたの?」と聞かれたので、「1年半くらいだよ」と答えたら、「だめだよ、最低3年はやらなきゃ身にならないよ。」と言われて、どっちが日本人か分からなくなっちゃいましたよ。

日本人は~~、中国人は~~という物事を一般化してしまう思考スキームは気を付けていないと事実を見えなくしてしまう。実際うちの会社の中国人は定時が過ぎても残業してるし、休日出勤だってする人もいる。これは国籍がどうとかいう話だけでなく、僕達が普段考えを巡らすときに常に陥る可能性がある罠だったりします。たしかに、。一般化する思考スキームを使わないと、事象がカオス過ぎて論理とか思考を組み立てられないので必要不可欠なんだけど、その一方で常に「ここは一般化して大丈夫なところかどうか」と意識していないと、事実を曲げて解釈してしまう。北京に行ったら色々な「異文化」に出会うと思うけど、そのたんびに注意しなきゃいけないなぁ、と自戒を込めてブログに書きました。


さて、これから日本に帰るわけですが、日本は当然のことながら普通の日。みんな真面目に働いている時期なのです。だれも遊んでくれる人もいない寂しい帰国でございます。なんか、土日出勤の人たちってこういう寂しい思いをしているんだろうなぁ、となんか親近感を覚えてしまいます。

夜は奥さんと久しぶりにゆっくり過ごす予定なのですが、昼はずっと空いております。だれか相手してくれるかた、ご連絡お待ちしております。あ、福岡限定で(苦笑)



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一般化する思考スキーム
    コメント(0)