2009年09月08日

選挙が終われば秋がきた。

朝方はすっかりと寒くなってきました。
朝家を出た時のあの「ひんやりとした風」が大好きです。
夏から秋にかけてのこの季節が1年で一番のお気に入りだったります。

さて、変わっていくのは季節だけではありません。
8月30日、ついに政権が変わりました。55年体制が始まって以来、
日本に本当の意味での民主主義が訪れた最初の年になりました。

今住んでいる自分の選挙区には全く興味なかったのですが、宮崎の選挙結果には注目していました。
これまでお世話になってきた方が出馬されていたこともあったのですが、やはり将来帰る街の動向は気になる。
色々な情報が飛び交い、その一部が耳に入ってきていたことも臨場感を盛り上げました。

まぁ、結果は承知の通りなのですが、それよりも僕がちょいと気に留めていることがありまして。
それは若者の投票率。まぁ低い低いと良く言われているのですが、あれってホントに行かなきゃならないのかね?
いや、僕は行くけれども、行かない人に対してとやかく言うつもりはないし、さげすんだりももちろんしない。


政治に不満なら投票に行けばいいし、日本の政治にあきらめているんだったら、海外に住んじゃえばいい。
それは個人の自由だし、好きにしてちょー。という世界。

ただ、「私は今の選挙の仕組みに反対です。」という人はどうしたらいいんだろ。
投票に行けば、結果的に選挙の仕組みに賛成しているわけで、そういう人の意思表示って、

投票に行かないこと

だったり、するような気がしてます。

僕も今の選挙制度には納得いかないとこも多い。
それでも、投票には行くんだけど、それは選挙制度に納得が行ってるわけではありません。

まぁ、選挙なんでドロドロの世界だよ。
ホント、人間の汚さが見える。特に今回のJ党。
手段としての政権が完全に目的化してたね。これはもう崩壊の末期症状。
ご愁傷様でした。権力がひっくり返り、既得権益が崩れていくのを見ているのは、意外に楽しいものだと今回気がつきました。
これを昼ドラにしたら面白いんだろうになぁ。ネガティブキャンペーンとかね。





この記事へのコメント
戦前も政友会と民政党の二大政党だったよね。よく政権が交代してそのたびに政策が変わったから結果的に軍部に乗っ取られた形になりましたが・・・

完全な選挙システムってないのではないでしょうか?だったら今の選挙制度の範囲内で自分の意見を投票と言う形で表現した方が賢明だと個人的には思います。
Posted by 猛鯉基成。 at 2009年09月08日 21:07
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
選挙が終われば秋がきた。
    コメント(1)