2008年09月26日

青島太平洋マラソンにむけて。

今日は広島カープが勝ったのねん。

うふふ、ラジオに噛り付いてましたよ。

勝利が決まった瞬間、思わずガッツポーズしちゃったしね。

クライマックスシリーズ行ったら、僕は泣いて喜びます。

いくつになっても変わらないなぁ、と半ば呆れながら自分をみている僕の今日の更新♪

==================


12月に青島太平洋マラソンがあります。

それに僕は参加したいと思ってます。

そして、もう申し込んでしまいました。



それに伴い、今日軽く走ってみようと思い立ち、

6キロくらいは楽勝だろう、なんて思って走り出しました。



走り出して約1キロ。






リタイア。。。。








3年前はマラソン完走したのよ。

こう見えて。



今年は、宮崎大学内ゼミ対抗選手権大会もあるのです。

一つのゼミから三人が出場して、その3人の合計タイムが良いゼミが優勝。

なんとしても勝たなければならない。

そして、僕はメンバーの足を引っ張ることができない。



これからは猛特訓の日々が続きます。

練習した日は毎日このブログで報告していきます。

興味がない人にとってはどうでもいいのかもしれませんが、

そんなこと言わずに、暖かく付き合っていただけると、僕はある種の恋心を抱きます。


と言うわけで、自分にプレッシャーもかけたので、やらざる終えません。

フルマラソンで4時間をきります。

今月中に、6キロコースを走りきれるように鍛えます。



とりあえず明日は筋肉痛に耐えます。
(明日きたらまだ若いな。)




もう一度宮崎をトップ10に!!
投票よろしくお願いします!!



  

Posted by たじぃ at 00:33Comments(2)

2008年09月25日

卒論中間報告会in霧島

最近の愛読書と言えば、地球の歩き方でございまして、
自分で勝手に旅行ルート考えて、

ページをめくって、

脳内旅行を楽しんでいる状況です。

とおっても楽しいです。。。。



なんか、書いてて自分さみしいなぁ、と思わざるを得ない僕の今日の更新♪

=====================


さてさて、卒論の中間発表会も無事に終わりまして、今日帰ってきました。

一泊二日というスケジュールで臨んだ今回の合宿、

私の発表の出来と言えば、最悪に値するものでして、

結構労力をかけたのにもかかわらず、それなりの成果が出せずに反省しきりです。



キルギスのリゾート地、イシククル湖のほとりで、

「財政再建団体に移行すると、国の管理下におかれ・・・・・」

などと、必死に勉強していたことが懐かしく思います。



しかし、いくら後悔してもどうしようもないので、

前を見て歩いていきます。


今回の合宿では朝ごはんに寝坊するという大失態を演じてしまいました。

4年のゼミ長、合宿の幹事、最年長である私、去年も寝坊した者、

という、最高のカルテットでの遅刻でした。


起こしに来てくれた後輩に感謝です。

「ドアをガンガン叩きやがって、なんやねん(怒)」

なんて、愛すべき後輩に向って心の中で思ってしまった自分が恥ずかしいです。


起こされて、30秒後にはゼミ生に謝り、

40秒後には

「いただきます」

と、言ってました。


ただ、あまりにもご飯が美味しかったので、

ご飯を4杯もおかわりしていました。


最後の2杯はおかずが無かったので、

先に食べ終わった後輩3人からおかずを拝借いたしました。


これを先人は「エコ」と詠んできました。

しかし、自分では「エコ」を言い張っていても、

客観的に見るとそれは「エゴ」になっていることが多いのが

この世のまた、面白いところでもございます。


そんな、紆余曲折を経て、無事に卒論中間報告会が終わりました。

ただ、私個人的に申し上げますと、

卒論痛感報告会だったわけなのですが。。。



学生生活も残り4ヶ月、

なんか、こういう「学生っぽさ」を感じることが

非常の喜び

になりつつあります。



合宿の写真も入れたかったのですが、

なんせ、デジカメが故障中でございます。

写真が無いことをご勘弁願うとともに、

私に新しいデジカメを買ってくださる、

社会正義感溢れる方を探しております。







もう一度宮崎をトップ10に!!
投票よろしくお願いします!!



  

Posted by たじぃ at 01:16Comments(0)

2008年09月20日

ウズベキスタン最終章

どうもーこんにちわ。

昨日友人と1000円でお寿司を食べようとニシタチを徘徊してたたじぃーです。

あ、二人で1000円ね。 お金ないから。

あまりにお金が無いので、

っというより日本円が無いので、

友人にユーロと日本円を換えてもらいましたよ。

あざーーっす!!

165円で買ったユーロを150円で売りました。

あざーーっす!!(泣)


日本円を160円しかもってない僕の今日の更新♪


======================

さて、ウズベキスタンも残すことろ首都タシケントだけだぁー

なんて、思って首都に帰ってきたら、

首都って面白くないのよね。

普通で(笑)








なので、特に何をするって訳でもなく、空港に直行。




実はウズベクのタシケント空港はアクドイことで有名。

所持金検査をされて、申請額と所持金額が違えば、即罰金を払わせられるという逸話が。


っときいていたものの、僕が持っているのは世界最強と言われている

ジャパニーズパスポート

なわけで、信頼度の高さはピカイチ。

これも、先輩の方々が信頼を積み重ねてくれているおかげです。

あざーーっす!



っというわけで、ジャパニーズパスポートホルダーである僕は所持金検査なんて、しなくていいだろう。

っと余裕ぶっこいでたら、

「おい!そこのお前!!こっちに来い!」

っとロシア語かウズベク語で言われているらしい。







しかし、伝家の宝刀、ジャパニーズパスポートを見せれば許してくれるだろう、

なんて思って、そのおっちゃんに見せ付けるものの、まるで効果なし・・・・。


そのまま、よく分からない取調室に連れて行かれたのでした。


あーきっと、セキュリティーチェックのときに

おさまなくんのものまね

してたのが悪かったのかな。

さすがに、あのモノマネは不審者扱いされるわな。




そんな、後悔の念を抱きながら所持金検査に臨んだのでした。





結局、申請金額と1ドルの誤差も無く釈放!

ふん、無駄なマネさせやがって。

っと強がりながらも、ビビッちゃって足ガクガクでした。

もう、ウズベキスタンには行かん。

でも、女性は綺麗でした。

たぶん世界最高レベルかもなーー。ロシア抜いて。






次に目指すはカザフスタン。

経済成長著しい国でございます。

物価が高いらしい。嫌だなー。








もう一度宮崎をトップ10に!!
投票よろしくお願いします!!



  

Posted by たじぃ at 10:54Comments(4)

2008年09月18日

シルクロード、ウズベキスタンの旅2

台風が来てますね。

宮崎は明日の夜におこしになるそうです。

農産物に被害が出ないかとても心配です。

僕にとったら、絶好の卒論日和、と言ったところでしょうか。

1週間後に迫った卒論発表会、未だに目処が立ちません。

まぁ、なるようになるか。でもこのまま行ったら先生に怒られるな。

できるだけ頑張ろうか、っと言い聞かせ今日も読書の1日でした。

そんな若干ヒッキーな僕の今日の更新♪
======================




ヒヴァを夕方出発して、ブハラに着いたのは夜8時ごろ。

街には屋台が出ており、ウズベクの伝統料理を頬張ってきました。






被写体が少々汚いのはご愛嬌ということで。


☆食べたもの☆

ラグマン・・・・・・・・・・・・日本でいう焼きうどんみたいなもの!?

サラダ・・・・・・・・・・・・・普通のサラダ(笑)

シャシュルク・・・・・・・・僕の一番のお気に入り。牛、鳥、羊の焼き鳥風の食べ物。ブハラはウズべクの中でも一番イスラム色が              強いこともあり、ブタはありませんでした。

あとビールね、ロシアの。

バルティカ7というビールを飲みました。

世界第3位の生産量らしい。すごいね。

旅行中はずっと、


エロティカセブン


って言ってました。

まぁ、どうでもいいですね。はい。




ブハラはこんな街。







とっても綺麗な街。

イスラムの街が好きです。

ここブハラにはイスラム学校があります。

ソ連時代もここブハラの学校が唯一イスラム教育が許可されたらしいです。

僕が行ったときも学校は授業中でした。






そして、今度はウズベクの旧首都、サマルカンドに向ったのでした。



一番の観光名所 レギスタン広場



サマルカンドの様子




この街は観光地化されてて、個人的にはもう一つだったかな。

ただ、トイレは悲惨・・・・。

中国である程度免疫ができていたと思っていたに、

それ以上の汚さでした。おえー。



次回は首都タシケントに向います。


もう一度宮崎をトップ10に!!
投票よろしくお願いします!!



  

Posted by たじぃ at 00:02Comments(4)

2008年09月16日

シルクロードの国、ウズベキスタン旅行記

旅行に行く前に1ユーロ166円だったレートが、

帰ってきたら1ユーロ150円を切っているではないですか。

韓国ウォンをドルに換えて帰国したらリーマンブラザーズが破綻ですか、、、

そしてドルが急落ですか・・・。

ついてないなぁ。。。

そんな無事に帰国した僕の今日の更新♪

=======================

さてさて、旅のご報告。

今回は

ウズベキスタン陸路の旅、6日間で6都市&アラル海を制覇できるのか!?

という大げさなタイトルです。

「うざっ」と思った方、謹んでお喜び申し上げます。



さて、まずはスタートのアラル海。

旧ソ連時代から灌漑のしすぎで、面積が年々小さくなってます。

かつては世界第4位を誇った湖は今その見る影もありません。























「おい!どこが湖なんだよ。砂漠じゃねぇか!」

と思った方、おっしゃるとおり。

今は砂漠です。

しかし、ここは30年前まで湖の岸壁だったのです。

ちなみに湖岸はここから300キロも先まで遠のいてしまったそうです。

















ここは別名



「船の墓場」



逃げ遅れた船が置き去りにされてしまったのです。

それは、ここがかつては漁港として賑わっていたことの証明でもあります。



さて、ここから1000キロはなれた首都、タシケントを陸路のみ、6日で目指します。

もちろん、観光もします。おいしいご飯も食べます。

経由予定都市は

ヌクス、ヒヴァ、ブハラ、サマルカンド、

そして、ゴールの首都タシケントに入る予定。



次はヌクスで休憩して、そのままヒヴァを目指します。

今回僕たち(彼女と)を乗せてくれたのが、ノリのいいウンちゃん。

アラル海からヒヴァまでの6時間お世話になりました。

ウンちゃんの家に招待され、ご飯までご馳走になりました。
(ちょっと危険なのでよい子真似しないようにね☆)

そんな感じでヒヴァに到着。

ヒヴァは観光の街なので、英語が割りに通用します。

買い物の値段交渉も比較的スムーズでよかったです。

街を徘徊している時に子供から

「こんにちわー、ハロー、アニョハセヨー、ニーハオ」と声をかけられたり、

「ニッポンジン、ヤスイヨ、ミルダケ」と言われたり。

こんな所でも日本を知っててくれてるんだと少し嬉しくなりました。


ヒヴァの街はこんな感じ。

昔は奴隷市場として中央アジアで1番栄えていた街だったそうですが、

現代ではその面影もなく、平和な街でした。

とっても、綺麗な街でした。


































































そして、夕方次の街ブハラを目指すべく、タクシーのウンちゃんと値段交渉。

旅で一番気合を入れるとこです。

日本人がみんな金持ってると思うなよ!!



っというわけで、次回はブハラ、サマルカンド編をお送りします。

興味のある人はみてねん♪


  

Posted by たじぃ at 22:41Comments(4)

2008年09月14日

初の空港お泊り

いやー、長い中央アジアの旅行もついに終わりを迎えましたよっと。

ソウルのインチョン国際空港からの更新です。

昨日キルギス→ウズベキスタンと移動して、今朝ソウルに帰ってまいりました。

なんか、ずーっと中央アジアとかにいて、韓国に帰ってくると、

「あーやっと帰ってきたーー」

って思っちゃうのが不思議です。


今日はソウル市内を観光していたんだけども、もう何ていうか日本だねここは。

パスポートが必要な海外旅行ではないか。

夜はミョンドンという東京で言う渋谷みたいなところを徘徊してたんだけども、

3人に1人は日本人だった気がする。

歩いてたらあちらこちらで日本語が聞こえるし、

客引きを日本語でされたりもする。

メニューは日本語が併記してあるし、お店の人も日本語しゃべれるのね。

あたいはびっくりしました。

韓国というより、日本にある韓国人街かと思うようなとこでした。



で、翌朝インチョンを出発するので、今から空港で待機です。

宿泊代を浮かせます(笑)

24時間開いてる空港はいいね。

おまけに便も多いし、きれいだし。

ウォンもって帰っても仕方ないし、ビールでも買ってこようかな。

旅の思い出は帰ってからゆっくりと書きたいと思います。

では、この辺で。

携帯に連絡くれてた人ごめんなさい。

なるべく早くに返信します。


  

Posted by たじぃ at 01:52Comments(1)

2008年09月04日

紆余曲折ありながらも、生き残ってます

福田首相が辞任したんですか、そうですか。

今日、今さっき知りましたよ。朝日新聞で。

安倍さんのときも、福田さんの時も、ともに海外で知りました。

もう日本のリーダーなんて、どこの国の人も覚えてないんでしょうね。

日本を傍観できる場所でこの手のニュースを聞くと、なんだか寂しくなります。




そんな悲壮感にさいなまれている私はと言うと、

今はキルギスという国におりまして、何とか無事でございます。

ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、全ての国で警察の職質に遭うという、

快挙を達成して現在に至ります。

また、キルギスに世界で二番目に綺麗といわれているイシククルという湖があって、

なんでも、地元の人に、

「イシククルで泳いだら、1年間風邪をひかないよ」

と、そそのかされたもんだから、それを真に受けて、泳いだら









翌日に39度の高熱にうなされましたよ







まぁ、そんなこともありながらも、今は元気にやってます。

こっちでは毎日卒論を書いてまして、自治体運営の本がリュックを占領してまして、

このまま僕が死んだら、遺留品がとってもカッコイイじゃないか。

なんてことを考えて、日々生活してます。


残すところ、ソウルで上海時代の友人に逢って帰るだけになりました。

それまでの間、卒論の執筆に励みたいと思います。


以上、誰にも頼まれていない現状報告でした。

  

Posted by たじぃ at 19:00Comments(3)