2013年03月25日

日本にとって観光業が大切な3つ理由  ~その2~

前回に続いて、日本にとって観光業が大切な3つの理由のうち、2つ目について書きたいと思います。前回のはこちら 。いま、僕が携わっているプロジェクトの一つにインバウンド観光促進事業というものがあって、簡単に言うと「世界の皆さん、日本にどんどん旅行に来てください」というプロジェクトです。

憲法25条の生存権を改憲する、もしくは社会保障の仕組みを抜本的に変えない限り、日本は経済成長しなきゃいけない状況になっていてで、それは加速度的に大変な状況になってきてます。

日本は戦後から00年代まではものづくり&貿易立国として順調に成長してきたのですが、ここに来て他のアジアの台頭などから、「あれ?日本の製品って売れなくなってきてるよね。いいもの作ればいいわけじゃないのかも。」と気がついてきているわけです。日本の得意分野は韓国、台湾に持っていかれ、単月ベースではしょっちゅう貿易赤字を出すようになって来ました。

なんかこの前、民主党のえらい人が「日本は貿易立国であるべきなんだ」などと発言しているのをみて、「太平洋戦争時代、は戦闘機、戦略爆撃機、航空母艦が重要になってきてるのに、日露戦争での成功体験が忘れられずに、でっかい戦艦に遠くまで飛ばせる大砲を積んで賞賛していた時代から何も変わってないのね。」などとがっかりしたことがありましたが、成功体験に縛られずにゼロべースで考えるっていうのは、事実かなり難しいんだと思います。 歴史に学ぶと貿易立国の次は金融立国かIT立国を目指すのが王道なのですが、それは日本の風土とはなじまないらしく、多分ムリ。ホリエモンとか村上ファンドさんの事件とか見てたら、絶対この国民とは合わないんだろうな、と思うわけです。


じゃぁ、この先、うちの国はどうやってメシを食っていくのか、と聞かれると確かに難しいんだけども、個人的に有望なのは観光業だと思っています。日本は観光収支(外国人が日本で使うお金-日本人が外国で使うお金)は大赤字なんだけれども、これは大昔、貿易黒字がどんどん増えていって、アメリカに「いいかげんにしろ」と怒られて、じゃぁ、と渋々海外旅行客を送り出して来たわけです。だけれども、もう時代は変わっていて、そもそも貿易収支が赤字になってる。
なので、もう日本人観光客が海外でお金を落としてそれで、許しを請う、みたいな時代は終わっていて、日本も積極的に観光収支で黒字化を目指さなきゃいけない時代がきていて、それを産業として作って育てていかなきゃいけない。海外から観光客を呼び込む、なんていうのは日本国自体の新規事業みたいなところがあって、もうマイルストーンを決めて、やるしか無いわけです。 

幸い日本は島国で大陸とは適度に違った自然が残り、気候も恵まれている。日本が誇る全国のプロの農家さんが育てた素晴らしい食材を、めちゃくちゃ美味しく調理をするシェフもいる。伝統文化もサブカルも発展していて、国民は英語ベタで恥ずかしがり屋だけれども、基本、ホスピタリティ水準としては高い。 こう考えると、日本の観光が持ってるポテンシャルって結構高くて、対競合観点(特に韓国と)からも差別化しやすいし、アジアの経済発展とLCCの普及によって、気軽に日本に来てもらえる時代がすぐそこまで来てると思います。

そう考えると、日本の次世代主力産業の一つに観光業を据える、というのは全然、ありだと思っていて、割りと筋がいいと思うんです。競争戦略を考えると、結局行き着くのは「差別化」なのであって、スマホで操作できるエアコンとか別に日本じゃなくても作れるし、5ミリ薄いテレビを作るためにすごい額の研究開発費用をかけてる日本のメーカーとか、マジで理解に苦しむわけです。

と、なんか長々と駄文を綴っているわけですが、日本にとって観光業が必要な2つ目の理由は、「儲けやすそうだから」という一言に尽きます。SWOT分析とか5F分析とかやればやるほど、有望産業だと思うし、国を上げてやるだけの意義はあるはず。アベノミクスフィーバーでそれはそれで良いことなんだけど、産業構造は全く変わってないので、フィーバーしてる間にちゃんと、産業構造の変革に手を付けていただいて、最終的には民間の我々がそれにコミットして、やり切る覚悟を持ってインバウンド市場を育てて行きたいなぁ、と思っています。

↓ここを押してくれるとたじぃのモチベーションが少しあがります

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

  

Posted by たじぃ at 00:25Comments(0)観光

2013年03月03日

日本にとって観光業が大切な3つ理由  ~その1~

今、プロジェクトで携わっている日本のインバウンド観光促進事業はまさに、これからの日本に必要なプロジェクトだなぁ、と思ってます。

第二次世界大戦が終ってから約70年になろうとしてますが、それ以来大きな戦争が起こってない要因の一つに、「国際観光が発達」が上げられると思っています。戦争の傷跡が癒えてきた60年ごろからヨーロッパで海外旅行が急激に発達してきました。当時はヨーロッパ内での旅行でしたが、その後北米も巻き込んで国際観光圏が発達して行きました。

戦後、戦争はそれでも起こっていたのですが、そのほとんどは海外旅行が一般化してない地域(出国も入国も少ない地域)で起こったものでした。中東、アフリカ、南米、中国、ベトナム。。。  実際、旅行客がたくさん行き交うようになった地域で戦争になったことは人類史上まだありません。その意味で、国際観光の発達は世界平和に直結すると言い切れます。なんか最近の中国の動きを見て、戦争になるんじゃないか、と心配してる人がいますが、間違いなくなりません。少なくとも現時点では日本はもちろん、中国にも戦争するメリットがありません。(まぁ、人民開放軍が暴走するリスクはありますが。。。)戦争なんてしようもんなら、中国は日本人観光客が落としてくれる多額の収入を失うことになりますし、日系企業で働いている従業員の雇用先もなくなるわけです。世界各国からの観光客もパタリと止まります。中国はフランス、スペインに次いで、世界第三位の観光客が来ています。彼らが落とすお金と、南シナ海に浮かぶ島を天秤にかけた場合、どちらが大切か、一目瞭然なのです。

そんな訳で、国際観光が広がれば広がるほど世界は平和になる、というのは歴史から見ても、国家戦略的にも「真」なのです。ネットで中国、韓国にヤーヤー言ってる所謂ネトウヨ的な人たちが、街に出たくなくなるくらい世界から日本に観光に来てもらえるような社会にすることが、僕達の仕事です。そしてそれが、平和な社会につながると信じて、来週もワクワクして出社しましょ。  その2、その3はまた今度。
  

Posted by たじぃ at 18:54Comments(1)