2011年04月26日

創造的破壊

僕の卒論のテーマは夕張の財政再建。夕張は財政が破綻し、それにより住民サービスの大幅な削減、増税により悲惨な町運営が続いています。そんな夕張市の市長に30才の鈴木さんが当選されました。最年少記録を3才以上も塗り替える偉業でした。

となると、前回の東京都知事選とどうしても比較してしまいます。なぜ夕張は政党の推薦をうけていた候補者が30才の若者にまけるのに、東京はいつまでもあんなじいさまがのさばっているのだろうと。別に東京がどうのこうのというわけではないのですが、日本の中心の首長を決める選挙があんな感じだと、本気で憂う。当選した直後にオリンピックとか言い出す老人の娯楽に付き合わされなければならないのかと。4年任期を全うしたら82才ですよ。ザ・高齢社会の象徴。てか、別の意味で満期を全うできるのかさえ心配。まぁ、あんだけ元気だったら大丈夫か。

でも夕張なんかはもう気がついているんだろうなー。夕張の人口なんて東京以上に少子高齢化なのにも関わらず30才が当選するわけです。それこそ地獄を味わった人たちだからこその判断だと思う。若者は経験がないとか云々とかじゃなくて、本気でその地を想って、本気でその地を良くしたいと思っているのか。そういう人に投票するべき。東京の人たち情報の中心にいるんだったら想像力を少し働かせればいいのに。この先に待つ社会とかさ。正直10年後に死ぬだろうなんて想ってる人が財政破綻の先に待つ社会なんて心配しないよね。まして副収入がたくさんある人なんかは。

でも今回の夕張の市長選の結果をみて、財政破綻も悪くないな。これで本当に日本が再生できるんであれば。そんな末期思考に陥ってます。まぁ、やけ酒も入ってますけど。というより、それしか道は残っていないのかもね。それほど日本の未来に悲観的。創造的破壊だよな。シュンペーターが言うところの。それしか方法が残っていないのなら選ばざるをえない。んー。残念だけどこの2週間で日本の終焉と、そこからの復興が見えた皮肉な二つの選挙でした。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
創造的破壊
    コメント(0)