2008年12月16日

青島太平洋マラソン

12月14日、国際青島太平洋マラソンが開催されました。

今回は、街の中心部を横断するコースということで、とっても楽しみ。

普段は、車優先の道路を堂々と走れる(歩ける)わけです。



お約束通り、僕はフルマラソンでのエントリー。

42,195キロなわけですよ。

うひょー。これはやばい。


肝心のトレーニングはと言うと、最近の多忙と肉離れを言い訳に3ヶ月ほど全くしてません。

そして、ランニングシューズの1万円が高い!ということで、テニスシューズでの参戦。


42.195キロを完全になめてます(笑)




そのうえ、コンディションとしては、参加者の中で最低ランクでして、、、

マラソン前日に某R社の先輩に1時までお酒を飲まされてました。

その先輩に、

「万全の準備の下で結果を残すのは普通の人。最悪の環境でもそれなりの結果を出すのが、R社のメンバーなんだよ。」


と言われ、妙に飲む気になって、飲んでました。

なんで、ウィスキーのボトルを1時間で開けなければならないのか・・・。

そんなこんなで、帰宅したら2時ですよ。



マラソンの受付が8時まで。ということは渋滞もあるので家を7時に出発しなければならない。

朝ごはんとか準備とかの時間を考えたら、6時起床ですよ。

どんだけ頑張っても4時間睡眠で、フルに挑むというこのやばすぎる状況。


翌朝、二日酔いの頭痛を我慢して、ベッドから起き上がり、準備をしていざ会場へ。

スタートラインに着くために歩いていくだけで、頭痛がする。

もう、42.195キロなんて走る環境にありませぬ。



午前9時、フルマラソンスタート。

7000人の参加者なので、最後尾にいる僕はのろのろと走り出す。

そのとたん、頭痛が激しくなる。

我慢して走っていると、頭痛はおさまり、ランナーズハイの状況に。

このランナーズハイの間に距離を稼ぎたかったのだけれど、

あえなく14キロ地点で、効力が切れる。

前回は、25キロくらいまでは楽勝だったんだけど・・・。


前半の5キロは二日酔いとの戦い、

後半の3分の2は足の疲労と体力消耗との戦い。

思えば、前日お酒飲む前は焼肉を食べてたわ。

しかもお腹いっぱい。。。



走っては、足をつって歩いて、

つったのが治って走ればまた足つって・・・

そんな繰り返しを25キロも続けていましたよ。


でも、そんな中、唯一の励みは女子高生の応援。

市内の女子高生がボランティアで応援してくれるんですね。

給水とか、ハイタッチとかも。


女子高生が見えたら走って、ハイタッチ、

女子高生が過ぎたら、また歩く。

そんな、不純な動機にも支えられ、なんとか


















完走しました








後半には青島を見渡せる

トロピカルロードというランニングコースがあるんですが、

35キロを過ぎたトロピカルロードなんて、



まったくトロピカルじゃないわけで



必死の形相で一歩一歩頑張りました。


そんなわけで、僕の宮崎生活のラストを彩った青島太平洋マラソン。

最悪なコンディションのなか、無事有終の美を飾ることができました。

これでR社でもやっていける気がしてます(笑)










もう一度宮崎をトップ10に!!
投票よろしくお願いします!!






 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
青島太平洋マラソン
    コメント(0)